カテゴリー別アーカイブ: Health

Press A Finger – Your Back Pain is Gone! See What Happens When You Press Your Other Fingers

http://higherperspectives.com/jin-shin-jyutsu/

Many people, ancient and living today, believed that most of the body’s ills comes from disharmony inside of the body. That disharmony can be achieved through bad diet, bad habits, and poor thoughts. Jin Shin Jyutsu, which is an ancient art of mending from Japan, uses certain pressure points to create harmony again in your body.

Using the image above, you can find the right fingers to put pressure on to help relieve certain symptoms in your body.

If you put pressure on the thumb

You bring harmony to your stomach and spleen. You can also relieve nervousness, anxiety and depression. You can also relieve skin problems, headaches, stomach aches, and the sensation of constantly being ill.

If you put pressure on the index or pointer finger

You bring harmony to your kidneys and bladder. You can also relieve feelings of apprehension, as well as muscle cramps, back pain, tooth aches and digestive tract problems.

If you put pressure on the middle finger

You bring harmony to your liver and nerves. You can also relieve feelings of anger and uncertainty. You also improve your cardiovascular health, menstrual pain, issues with vision, and headaches.

If you put pressure on the ring finger

You bring harmony to your lungs and digestive organs. You can also relieve feelings of distress as well as ringing in the ears, breathing problems, and digestive problems.

If you put pressure on the little finger

You bring harmony to your heart. Feelings of tension, anxiety, and loneliness are relieved. You can also improve throat pain, flatulence, and issues with your bones.

Give it a try!

Here’s What You Need To Check The Next Time You Buy Bottled Water

http://simpleorganiclife.org/bottled-water-check/

We don’t generally encourage the purchase of bottled water. Manufacturing the bottles is awful for the environment (and we think the environment is awesome!) and the water is usually just tap water from wherever it was bottled. Often times, bottled water companies steal water in mass quantities from arid communities that live in drought. That’s no fun. That said, I do always keep a pack of bottled water in my car. You never know when you might be stranded somewhere and a little water could mean the difference between life and death. But when I’m stocking my emergency water supply, I check the label on the bottom of the bottles.

Why?

The letters you see in the recycle symbol, like PP and HDP, can tell you a lot about the plastic itself. This is what you need to know:

If the label says PET or PETE, the plastic bottles may have leaked metals and chemicals into the water that impact hormonal balance in your body.

If the label says HDP or HDPE, your water is likely the safest out of any type of plastic. it’s the least likely to leak harmful substances into your water.

If the label says 3V or PVC, don’t drink it. They release toxic chemicals that impact your hormonal balance.

If the label says LDPE, that’s weird, because LDPE is only used to make plastic bags.

If the label says PS, the plastic can leak carcinogenic substances. It’s usually used when producing coffee cups and fast food casings. Also known as Styrofoam.

If the label says PC or is simple not labeled at all, it’s likely to contain BPA, an endocrine disruptor. This is most common in sports water bottles and some food containers.

ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が腸炎とメタボ招く、ここでも腸内細菌の影響を確認

http://www.mededge.jp/b/heal/9594

ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が腸炎とメタボ招く、ここでも腸内細菌の影響を確認
20世紀の遺産と病気と科学 西川伸一 THE CLUB

画像はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Sergiu Bacioiu/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般)

画像はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Sergiu Bacioiu/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般

 最近の科学誌ネイチャー誌には社会派の編集者が増えたのだろうか。

現実の社会問題と密接な関係のある話題を継続的に取り上げている。

2014年9月、私たちが日常口にしている人工甘味料が、糖尿病と同じ代謝障害を来す可能性を示した論文が掲載され、驚いた(人工甘味料は「糖尿病予備軍」の原因に、血糖値が下がりにくくなるhttp://www.mededge.jp/spcl/3064)。糖尿病を防ぐどころか、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を変化させてインスリン抵抗性を誘導するという内容だった。

今回紹介するジョージア州立大学からの論文も本当なら大変だ。

「乳化剤」とは

「食品に添加された乳化剤はマウスの腸内細菌叢に影響して腸炎やメタボリックシンドロームを促進する(Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome.)」というタイトルの論文だ。ネイチャー誌オンライン版に掲載された。

タイトルにある通り、今回問題になったのは「乳化剤」だ。アイスクリームや多くの食品に乳化剤として添加されているものだ。乳化剤は材料をお互いに混ざりやすくする役割がある。具体的な成分の名前で言うと、「カルボキシメチルセルロース(CMC)」と「ポリソルベート80(PS80)」。

このうちPS80は一時発がん性が問題になったが、FDAが1%までなら許容できると認可している。CMCに至っては安全性自体を問題にする必要がないとされてきた。

このグループは、乳化剤が細胞ではなく、腸の内側を守っている粘液層を破壊する可能性について調べた。

粘液の層の破壊で変化が

すると予想通り、食品添加に許されている程度のCMC、PS80を飲ませたマウスでは、普通なら30μm(μは100万分の1)程度、粘液によって離れた場所に隔離されている腸内細菌が10μm近くに多く存在し、粘液の中に多く住めるようになっている。すなわち、粘液によって腸を保護していた作用が破壊されている。

腸炎を起こしやすい遺伝子の変化を持つネズミでは腸炎を早く起こすようになった。腸の長さは2割も短くなる。

さらに、いわゆる「メタボリックシンドローム」と呼ばれる状態になる。正常と比べると体重は増え、過食傾向が出る。大変なことだ。

腸内細菌がいてはじめて影響

最後に、この効果について、乳化剤が直接粘液に作用して破壊するのか調べている。

腸内細菌が全くいないネズミに乳化剤を飲ませて調べたところ、粘液が全く破壊されていなかった。乳化剤の効果というのは直接的に粘液を壊しているのではなく、腸内細菌に働きかけた結果として間接的に起こっていると明らかにしているのである。

腸内細菌の存在しないネズミでも腸の中に新たに腸内細菌叢を移植した途端、粘液の層が破壊されてくる。さらに、乳化剤だけを食べるといった方法ではなく、人間の食生活に合わせて乳化剤を普通の食品から取るような形にしても問題は起こっていた。

最後にディスカッションで、「20世紀の中盤からクローン病や潰瘍性大腸炎といった腸炎やメタボリックシンドロームが増えた一つの要因は、乳化剤を食品に添加するようになったからではないか」と結論している。

これは大変な警告だ。

どちらが最終勝者

たばこと同じで、因果関係を人間で証明していくのは時間がかかる。ただ、その気になれば、人で本当に問題が起こるかを調べることは可能ではないかと思う。人工甘味料や、今回の乳化剤の危険性を警告する研究は、「自分の体は一つのゲノムを共有する自らの細胞だけからできている」という思い込みに対する警告でもある。腸内細菌叢も体の一部だということが明らかになってきた。

今、私たちは謙虚かつ真剣にこの警告を受け止めることが必要だ。

警告を掲載したネイチャー誌は「社会派」とも見えたのだが、こうした印象を持った私自身が間違っているのだろう。警告するのが正常と考えるようになっている。

今、20世紀の遺産にしがみつこうとする勢力と、21世紀を見始めた勢力の戦いが始まっているように思う。ただ、どちらが最終勝者になるかは明らかだ。勝者に賭ける方が得すること間違いない。

文献情報

Chassaing B et al. Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome. Nature. Published online 25 February 2015.

http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature14232.html

Drink coffee to have a better nap

http://www.health.com/health/gallery/0,,20857218_2,00.html

Drink coffee to have a better nap

In a Japanese study that examined how to make the most of a nap, people who took a “coffee nap”—consuming about 200 milligrams of caffeine (the amount in one to two cups of coffee) and then immediately taking a 20-minute rest—felt more alert and performed better on computer tests than those who only took a nap.
Why does this work? A 20-minute nap ends just as the caffeine kicks in and clears the brain of a molecule called adenosine, maximizing alertness. “Adenosine is a byproduct of wakefulness and activity,” says Allen Towfigh, MD, medical director of New York Neurology & Sleep Medicine. “As adenosine levels increase, we become more fatigued. Napping clears out the adenosine and, when combined with caffeine, an adenosine-blocker, further reduces its effects and amplifies the effects of the nap.”

Device Diagnoses Hundreds of Diseases Using a Single Drop of Blood

http://www.wired.com/2014/11/device-diagnoses-hundreds-diseases-using-single-drop-blood/?mbid=social_fb

The digital health revolution is still stuck.

Tech giants are jumping into the fray with fitness offerings like Apple Health and Google Fit, but there’s still not much in the way of, well, actual medicine. The Fitbits and Jawbones of the world measure users’ steps and heart rate, but they don’t get into the deep diagnostics of, say, biomarkers, the internal indicators that can serve as an early warning sign of a serious ailment. For now, those who want to screen for a disease or measure a medical condition with clinical accuracy still need to go to the doctor.

Dr. Eugene Chan and his colleagues at the DNA Medical Institute (DMI) aim to change that. Chan’s team has created a portable handheld device that can diagnose hundreds of diseases using a single drop of blood with what Chan claims is gold-standard accuracy. Known as rHEALTH, the technology was developed over the course of seven years with grants from NASA, the National Institutes of Health, and the Bill and Melinda Gates Foundation. On Monday, the team received yet another nod (and more funding) as the winners of this year’s Nokia Sensing XChallenge, one of several competitions run by the moonshot-seeking XPrize Foundation.

The goal of the XChallenge is to accelerate innovation in sensor technologies that address healthcare problems. Teams came up with tools intended to quickly and easily allow individuals to detect possible health problems without having to rely on analysis from large, facility-bound lab instruments. First hatched by DMI in response to a NASA challenge to create a diagnostics device that could work even in space, rHEALTH was portable from the beginning.

“There used to be no method for good, autonomous diagnosis,” Chan tells WIRED. “rHEALTH technology is highly sensitive, quantitative, and capable of meeting the FDA’s bar for sophistication, while still being geared for consumers.”

Blood to Bluetooth

Here’s how it works: One small drop of blood is dropped into a small receptacle, where nanostrips and reagents react to the blood’s contents. The whole cocktail then goes through a spiral micro-mixer and is streamed past lasers that use variations in light intensity and scattering to come up with a diagnosis, from flu to a more serious illness such as pneumonia—or even Ebola—within a few minutes. There’s also a vitals patch that users can wear to get continuous health readings—EKG, heart rate, body temperature—delivered to their smartphone or the rHEALTH device itself via a Bluetooth link. An app called CHAS (Comprehensive Health Assessment Unit) can walk the user through the process of self-diagnosis.

The real innovation of rHEALTH, according to Chan, is in getting all the diagnostics technologies packed together into one handheld device. By shrinking its components so much compared to traditional devices, Chan says, patients will need to give 1,500 times less blood than they would for regular tests. Since it was originally developed for NASA, the device has even been tested in simulated lunar and zero gravity. “It’s a symphony of innovations, but we’ve pushed all of them individually to create the device,” Chan says.

THE HOPE IS THAT PEOPLE WILL USE THE TECHNOLOGY TO MAKE MEANINGFUL LIFESTYLE CHANGES BASED ON REAL, ROBUST MEDICAL DATA.

Right now, rHEALTH is reliable for cell counts, HIV detection, vitamin D levels, and various protein markers in the body. The next challenges, according to Chan, are adding more tests, scaling up production, and going through the laborious process of getting the rHEALTH commercialized. The company is manufacturing three different models: the rHEALTH One, which will be used for translational research; the rHEALTH X, meant to be used as a kind of power tool for clinicians; and the rHEALTH X1, which will be available for consumers.

Since the rHEALTH One must only be vetted by Institutional Review Boards (IRBs) before being used in research—it doesn’t have to meet stringent FDA standards it will need to reach before being marketing to physicians and consumers—Chan says DMI can ship units in a matter of weeks to interested scientists. Chan’s team will learn from how it’s utilized in research settings to make improvements.

Making Real Changes

It could be a while before consumers actually get access to rHEALTH. In the meantime, the next challenge for Chan and his team is to prepare for the bigger, $10 million challenge from the XPrize Foundation, the Tricorder XPRIZE, which the Nokia Sensing XChallenge was set up to feed. The goal is to create a universal, Star Trek-inspired medical diagnostic tool that detects up to 16 separate health conditions. Of the 11 teams included in the Sensing XChallenge, only DMI is also a Tricorder finalist.

When rHEALTH finally does become available to consumers, Chan says the hope is that people will use the technology to make meaningful lifestyle changes based on the real, robust medical data from the device—a step beyond what he sees as the typical fitness tracker.

“It’s interesting to see how people interact with wearables,” says Chan. “A lot of them think of them as toys or gadgets. That’s not what rHEALTH is. It’s really meant to help you take care of yourself when you’ve got a serious health condition.”

 

タバコをやめた瞬間から起きる体の変化について

http://beach-press.go-naminori.com/beachtalk/6269

今日のお題は喫煙です。喫煙者はサーフィンしていてもパドルがきついとか言っていますが、私は高校生の時に、ためしに吸ってみたら衝撃的にまずかったので、あれ以来タバコは吸いませんが、そんなに苦しいっていうのに、でもサーフィンした後にみなさんタバコ吸っていますね。

百害あって一利なし!そんなこと、吸ってる本人が一番分かっているのでしょうが、それでもやめられない。私からしてみれば、タバコは自分の大事な体を傷つける最悪のアイテムに他ならないわけで、私は健康で楽しくサーフィンしたいので絶対に吸おうとは思いませんが、人間というのは、実際に自分が生きるか死ぬかの瀬戸際にならないと、健康がどれほど大切なものかなんて気づかないもの。

だから、皆様が生死をさまよう前に気付くようにとこうして様々な情報を発信しているわけですが、さて、タバコです。まず、タバコは一言で言えば、史上最悪の化学薬品のかたまり。以前、友達から聞きましたが、タバコ農園に撒く農薬はじられない猛毒らしいです。その猛毒がまかれた葉っぱを燃やして、せっせと肺に放り込んでいらっしゃるわけです。

タバコの煙には、6000種類以上の化学物質が含まれていて、そのうち最低でも69種は発がん性があると言われています。アメリカでは、タバコの添加物として599種類の物質が認められており、長らく秘密にされていたそうですが、現在では公開されているそうです。リストは英語ですが、見てみたい方はこちらでどうぞ。恐ろしい長さです。
タバコの添加物(アメリカ)

さて、これがタバコをやめたい人の助けになるかどうかわかりませんが、タバコをやめたら、体にどんな変化が起きるのか、をまとめたサイトがあったので日本語にしてみました。

【たばこをやめたら何が起きるのか】

20分後
タバコをやめると、その影響はすぐに体に現れる。20分で心拍数は正常な状態に戻りはじめる

2時間後
心拍数と血圧は正常な数値にもどる。が、ニコチン禁断症状もこの頃すでに現れ始める。初期症状は以下。
吸いたくて仕方がなくなる
緊張、イライラ感
眠気、もしくは不眠
食欲増進

12時間後
タバコをすうと、一酸化炭素が発生し、血液細胞が酸素と結びつくのを妨げ、循環器系にダメージを与える。やめて12時間後にはすでにこの一酸化炭素は通常の数値に戻り、血中酸素の濃度ももとに戻る。

48時間後
たばこを吸うと嗅覚や味覚が麻痺するが、やめて48時間で神経細胞が再生し、これらの感覚が戻ってくる。

3日後
この時点でニコチンは体内にもう残っていないが、それは同時に禁断症状がピークに達することでもある。頭痛、吐き気、けいれんなどを経験するかもしれない。ここが我慢のしどころ。

2-3週間後
運動など体を使う作業に息切れを感じなくなる。循環器系の機能が改善し、肺の状態も格段に良くなるので呼吸が楽になる。だいたい2週間で禁断症状は消えると言われている。

1-9か月後
約1か月後から肺の再生が始まる。痰などを排出するための繊毛が再生するので感染症などの危険が減る。咳や息切れは驚くほど改善される。どんなヘビースモーカーでも禁断症状は数か月でなくなると言われている。

1年後
心臓病のリスクはこの時点で、煙草を吸っていた時の半分に減少するが、それはつまり、煙草を吸うことは、心臓病にかかるリスクが2倍になるということでもある。

5年後
タバコを燃やすことで発生する様々な化学物質は血管を細くし、心臓発作の危険を上げる。たばこをやめて5年から15年でこのリスクは吸わない人と同じレベルに戻る。

10年後
喫煙は様々な癌の原因となるが、中でも一番致死率が高いのは肺がんである。が、確かに10年という期間を要するものの、やめて10年経てば、肺がんによる死亡率は喫煙者の半分になる。口腔ガン、咽頭ガン、膀胱がん、腎臓がんなどのリスクも大幅に減る。

15年後
例えば心臓病や、心臓発作などといった喫煙が引き起こすとされる様々な病気になるリスクは、もはや非喫煙者と同じレベルに戻る。

というわけで、どうです。やめて20分後には既に体は元に戻ろうとするのです。ちゃんとケアすれば人間の体は自ら最も良い状態に戻ろうとするものです。せっかく頂いたこの素晴らしい体をもっと大切にしませんか。まあ、非喫煙者から言わせると、とりあえず煙たい、余計な化学物質を吸わされたくない、それだけなんですが。

Beach Press編集部
参考サイト:http://worldtruth.tv/what-happens-when-you-quit-smoking/

Binaural Beat – Capable of Inducing Deep Meditation

http://mrinalkantipal.blogspot.jp/2012/03/binaural-beat-capable-of-inducing-deep_08.html

 

Binaural Beat – Capable of Inducing Deep Meditation

Binaural Beats are specific frequencies that can bring you into a profoundly deep state of meditation within minutes using the latest innovations in sound technology. They utilize a specific audio mixing technique designed to alter the listener’s brain wave activity.

These binaural beats are auditory brainstem responses, originating in the superior olivary nucleus (see figure above) of each hemisphere of the brain due to the interaction of the two different impulses.

The frequency of the two tones is between one and 30 Hz. Lets take the example that the difference between the two tones is 10 Hz. This 10 Hz difference is experienced within the superior olivary nuclei as a beat . The brain has a tendency, through the frequency following response, to resonate at the same frequency as the auditory stimuli being presented. In our example this would be 10 Hz, which is that frequency of the Alpha state. If we offer a binaural frequency of 5 Hz, the brain will begin to resonate with that and produce Theta brainwaves. If we present a binaural beat of 3 Hz, Delta brainwaves are detected. Alpha, Theta and Delta brainwaves are connected to altered states of consciousness that can be used to reprogram the subconscious mind, eliminate negative thought schemas and release emotional connection to memories.In layman’s terms all this means is that you can relax, put on some stereo headphones and let your mind synchronize with the binaural beat frequency to create real measurable changes in your mind and body. There are immediate benefits of using these beats such as the creation of relaxed states, aided sleep or even energy boosts. However, this is not the limit of binaural beat technology. It is also possible to produce very unusual states of consciousness like lucid dreaming, creativity, out-of-body experiences, and transcendental meditation, to name but a few. However, there are also very real permanent benefits from using binaural beat technology. This technology has been used to create some very dramatic life changes.
By sitting or lying down in a quiet environment and wearing headphones these beats can be used to create Alpha, Theta and Delta brainwave patterns. When brainwave patterns change it has been documented that there is also a change in chemical reactions within the body which can have a profound effect on your entire physical structure. In effect these beats have the same impact and benefits of a deep meditative state akin to hypnologic trance or transcendental meditation. Now very few people can enter such deep states of hypnosis and transcendental meditation takes a lifetime to perfect. So the immediate benefits of using a binaural beats recording is apparent. An added benefit of using such technology is that the states it creates allow you to access the subconscious parts of the mind. Those parts that are subliminal and just below the conscious threshold.

Binaural beats can be used with many other self improvement tools (such as subliminal recordings, affirmations or visualization etc.) to increase your personal development dramatically as it creates deep states of relaxation and can put you into Alpha and Theta states. Therefore they can be used as an aid to alter beliefs, heal emotional issues or create behaviour changes. One of the great benefits they can give is a quick energy boost equivalent to a few hours sleep.

It is believed that by using binaural beats you can:

1. Create deep states of meditation.

2. Boost your intelligence and creativity.

3. Slow aging.

4. Remove emotional blocks, old traumas and create profound emotional changes at an extremely deep level.

5. Eliminate Stress & anxiety.

The beauty of binaural beats is that they can be used to induce these states and create these changes with no effort on the part of the listener. You just wear a set of headphones and let the sound technology do the rest. The discovery of binaural technology is mostly accredited to Dr. Gerald Oster. Oster first published research about binaural beats in 1973 in Scientific American after he had conducted extensive studies. However, this is not as well known, binaural beats where in fact first discovered as far back as 1839 by an Associate Professor, at the University of Berlin, called Heinrich Wilhelm Dove. Dove accidentally discovered that when two similar sounds, which are only slightly shifted in frequency, are given separately to left and right ear they cause a pulsation or beat type effect within the brain. However, it was Dr. Oster who uncovered the full benefits of using this new technology when he discovered the effects that binaural beats have on the mind and body.

Fixed Pitch Binaural Beats 

gamma 40 Hz

high beta 25 Hz

mid beta 20 Hz

low beta 15 Hz

high alpha 12 Hz

mid alpha 10 Hz

low alpha 8 Hz

high theta 6 Hz

mid theta 5 Hz

low theta 4 Hz

delta 2.5 Hz

The alpha brainwave patterns are only apparent during a relaxed state. Alpha brainwaves are the most apparent brainwave state encountered during hypnosis and when we experience this state, which do constantly throughout the day, we are extremely susceptible to suggestion. This is the state that you enter during hypnosis. Theta brainwaves allow for the absorption of huge amounts of information while Delta brainwaves are most apparent when you enter a state of deep but dreamless sleep. It is the Delta state that is the main aim of such practices as transcendental meditation. Although for many entering the delta state while fully conscious can be very relaxing, for most it is not, for it is during such brain activity that internal change occurs. Through deep meditative states you can activate profound positive changes in your body, mind and emotional state which remain permanent.

Delta Wave for meditation

Download link

http://www.divshare.com/download/16982066-a1e

Theta wave 5 hz meditation audio

Download link
http://www.divshare.com/download/16982383-4d6

Brain wave for healing list

Specific Brain Frequencies

The information below shows the effects of specific frequencies within each brain wave frequency range:

Delta Brain Waves ( O.5 to 4Hz)

0.5 Hz – Relaxation, helps soothe headaches

0.5 – 1.5 Hz – Pain relief. Endorphin release 

0.9 Hz – Euphoric feeling

1 Hz – Well being. Harmony and balance

2.5 Hz – Production of endogenous opiates (pain killers, reduce anxiety)

2.5 Hz – Relieves migraine pain. Produces endogenous opiates 

3.4 Hz – Helps achieve restful sleep

3.5 Hz – Feeling of unity with everything. Whole being regeneration

3.9 Hz – Self renewal, enhanced inner awareness

4.0 Hz – Enkephalin release for reduced stress 

4.0 Hz – Allows brain to produce enkaphalins, all natural pain killer

4.0 Hz – Full memory scanning. Releases enkephalins

4.0 Hz – Vital for memory and learning. Problem solving, object naming 

1 – 3 Hz – Profound relaxation, restorative sleep. Tranquillity and peace

Theta Brain Waves ( 4 to 8 Hz)

4.5 Hz – Brings about Shamanic/Tibetan state of consciousness, Tibetan chants.

4.9 Hz – Induce relaxation and deeper sleep

4.9 Hz – Introspection. Relaxation, meditation

5 Hz – Reduces sleep required. Theta replaces need for extensive dreaming

5.35 Hz – Allows relaxing breathing, free and efficient

5.5 Hz – Inner guidance, intuition

6.5 Hz – Centre of Theta frequency. Activates creative frontal lobe

7.5 Hz – Activates creative thought for art, invention, music. Problem solving

7.5 Hz – Ease of overcoming troublesome issues

7.83 Hz – Schumann earth resonance. Grounding, meditative, Leaves you revitalized

3 – 8 Hz – Deep relaxation, meditation. Lucid dreaming

3 – 8 Hz – Increased memory, focus, creativity

4 – 7 Hz – Profound inner peace, emotional healing. Lowers mental fatigue

4 – 7 Hz – Deep meditation, near-sleep brainwaves. 

Alpha brain waves ( 8 to 12Hz)

8- 10 Hz Super-learning new information, memorisation, not comprehension.

8.22 Hz – Associated with the mouth. Brings creativity

10 Hz – Enhanced serotonin release. Mood elevation, arousal, stimulant

10 Hz – Provides relief from lost sleep, improves general mood

10 Hz – Mood elevator. Used to dramatically reduce headaches

10 Hz – Clarity, subconscious correlation. Releases serotonin

11 Hz – Relaxed yet awake state

12 Hz – Centering, mental stability.

11 – 14 Hz – Increased focus and awareness

12 – 14 Hz – Learning frequency, good for absorbing information passively

Beta brain waves ( 13 to 30Hz)

14 Hz – Awakeness, alert. Concentration on tasks, Focusing, vitality.

16 Hz – Bottom of hearing range. Releases oxygen/calcium into cells

12 – 15 Hz – Relaxed focus, improved attentive abilities

13 – 27 Hz – Promotes focused attention toward external stimuli

13 – 30 Hz – Problem solving, conscious thinking 

18-24 Hz — Euphoria, can result in headaches, anxiety.

The release of endorphins by the delta brainwave can also be achieved by meditation, runners high, breathing exercises, etc

 

 

マーガリンはプラスチックだった!?

http://matome.naver.jp/odai/2133169925442737701

 

マーガリンは、窓際に何年も置いて光や空気、
自然にある細菌その他にさらしても少しも変化しない。

カビも生えないし昆虫が卵を産みつけることもなければ
ネズミが食べることも、ゴキブリが寄ってくることもない。

こんなもの食べてるんですよ。食品とは言いがたいですね。
まるでプラスチックか金属です。

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/e-sakedot/cabinet/09giftnatu/09n-080-815454.jpg

マーガリンは腐らないプラスチック?:トランス脂肪酸

マーガリンややショートニングは、植物性油脂を化学処理し、
常温で固体を保てるようにした食品です。

この食品の化学処理が「水素添加」と呼ばれる方法で、
不飽和脂肪酸の水素が足りない場所に強引に水素を結びつける方法です。

こうして出来たものが「トランス脂肪酸」です。
「トランス脂肪酸」は、安定した構造を持っているので、
常温でも固体になり、酸化しにくく、保存性が高いのです。

加工食品には使いやすいというわけなのですが、
この構造がプラスチックそっくりな食品というわけです。

「マーガリン=健康的な植物油」はウソだった

マーガリン・ショートニングが科学的に安定して腐らない植物油脂であることの理由は、
水素添加という化学処理によって不飽和脂肪酸が「トランス型脂肪酸」に変化したことによる。

不安定だった原子構造が、水素原子の移動(トランス)の結果きれいに整列して
安定した構造となり、常温でも固体を保ち、酸化しにくくなることで保存性を持つこととなる。

アリを使っての実験

出典ameblo.jp

右上がマーガリン、左下が低脂肪マーガリン、
右下がバターです。

アリも食べないものを私達は食べさせられて
いるようです。

マーガリンは既に、ヨーロッパでは販売中止、
製造禁止している国もあります。

海外では、特にオランダはトランス型脂肪酸を
含む油脂製品が販売禁止。
デンマークもまた毒物扱いとされ禁止

トランス形脂肪酸は、細胞を傷つけ、ガンの原因になる。

日本における食品中のトランス脂肪酸含有率

日本の各社マーガリントランス脂肪酸含有率は?

家庭用マーガリンのワーストランキング第一位は、
『雪印 Sマーガリン』。
料理用のマーガリンで、含有量は16.0%に上る。

ワースト2位は、『雪印 ネオマーガリン』の14.0%、

ワースト3位は、生協の『コープ コーンソフト100
バターの風味』13.5%だった。

主要メーカーに取材すると、ワースト製品は「雪印Sマーガリン」
パン2枚に塗るだけで摂取し過ぎ。

生協製品も軒並み高かったが、ワースト企業は、
学校給食用にも卸しているマリンフードで、情報公開すら拒んだ。

http://blog-imgs-19.fc2.com/m/a/l/maltmaltmalt/20080924082523.jpg

日本国内に流通している食品のトランス脂肪酸含有量

トランス型脂肪酸の摂取限度は1日2gと言われています。
しかしファーストフードのメニューの中には6g(フレンチフライ)、
4.5g(アップルパイ)、4g(チキン・ナゲット)、1g(ピザ2切れ)含まれていた。

http://dic.nicovideo.jp/oekaki/71300.png

フライドポテトのトランス脂肪酸含有率は
20.5%と極めて高い。

M社のフライドポテト(Mサイズ)はその量が135gで、
その内脂質は22.1gなので、その20.5%、
4.5gがトランス脂肪酸である。

それにハンバーガー、コーヒーフレッシュに含まれる分を足すと、
「トランス脂肪酸」は、さらに増える。

2ヵ月間常温放置しても腐ることのないフライドポテト

最新の研究によるとマーガリンに含まれるトランス脂肪酸が
人を怒りっぽく攻撃的にすることがわかったそうだ。

カリフォルニア大学の発表により明らかにされたのは
トランス脂肪酸の摂取量が多い人ほど攻撃的で
怒りっぽい性格であることが判明した。

トランス脂肪酸を多く摂ると、認知症の発症率が高まる

認知症は、脳への血流の低下で起こると思います。
トランス脂肪酸を摂ると動脈硬化がすすみ、その結果、脳への血流が減って
脳細胞に血液が行かなくなり、認知症になるようです。

マーガリンは善玉コレステロール値を下げて
悪玉コレステロール値を上げる。

悪玉コレステロールが増えれば、動脈硬化のリスクが増える。

大量のトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが、遂にアメリカで使用禁止となります。

米食品医薬品局(FDA)は、「摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まる」として、
トランス脂肪酸を含んでいるマーガリンの使用を原則禁止とする規制案を提示しました。

結論:アメリカ的食事を日本の食卓から追い出すことが
日本人の健康に繋がるようです。

またマーガリンは120度を超えて加熱すると有害な
アクリルアミドがますます増加するので加熱調理は
避けたほうが賢明です。

人工甘味料アスパルテームの危険性とは?

http://matome.naver.jp/odai/2136780173669119701

 

自然の摂理に反しているアスパルテーム

人工甘味料は、本当に大丈夫なのでしょうか?

カロリーはゼロですが、化学物質たっぷりのダイエット食品は危険です

人工甘味料、特にアスパルテームは病気の元です!

ボストンの婦人科病院の科学者による11年間の研究結果では、人工甘味料のアスパルテームを使用したダイエット・ソーダ(ダイエット飲料)は、腎臓機能障害に深く関わっていることが分かりました。

アスパルテームは胎児の脳の発達などに影響を及ぼし、スクラロースは下痢による流産の可能性があり、ステビアは元々、南米では赴任と避妊用に使われてきた薬草から作ったもの

様々な科学者は、失明や死亡、それ以外にも腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、 皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下を挙げ、短期記憶への影響もあるとの見解を示していた

アスパルテームの毒性については、各機関から多くの論文が出ており、その障害は「神経毒」という部分に多くの焦点が当っている。

研究者達が指摘するアスパルテームの有害性は以下のようです。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

* ポリープ発生。
* 目に奇形(統計的にも有意差)。
* 体重減少(多くの実験で確認)。
* 骨格異常。
* 内蔵異常(肝臓、心臓、胃、副腎などの肥大)
* 脳内伝達物質に変化。
* 脳障害児(妊婦がとると生まれる恐れ)。
* 分解毒物性の不安。

米国ハーバード大学の問題提起

ハーバード大学関連病院の研究チームが、“ダイエットソーダが”血液がん(リンパ腫や白血病)リスクを増大させる可能性がある“ことを公表しました。

人工甘味料は「うつ」を引き起こす

Photo by Stockbyte / Stockbyte

アスパルテームは脳の科学的性質を変えて発作を起こしやすくし、気分障害などの神経系の問題を起こす。しかも依存性があるので、アスパルテームを含むドリンクの消費を抑えるのは難しいことが多い。

カロリーゼロなのになぜ?人工甘味料を定期的に摂ると6倍太る

「すい臓は砂糖だけでなく人工甘味料にも同じく反応し、大量のインスリンを出すことがわかりました。それによって、余分な脂肪が蓄積され、太るしくみが発見されたのです」

ダイエット飲料を1日に2本以上飲むと腎臓機能低下のリスクが倍増することが分りました。

精神科医による研究結果では、アスパルテームを与え続けたネズミの脳に穴ができたことが分りました。

アスパルテームは遺伝子組み換え食品です。そして複数の調査結果により、アスパルテームによる腫瘍、発作などの発生、脳に穴が開いたり生殖機能障害が起きることが分りました。

アスパルテームで最も問題なのは、フェニルケント尿症(フェニルアラニンの代謝がうまくいかない体質)の新生児が摂取すると、脳に障害が起きる可能性があすことだ。

甘い=美味しいと感じる理由は、糖分が生体にとって重要なエネルギー源であるからであり、「甘いのにエネルギーにならない」と言う人工甘味料は、非常に不自然な物質であり、自然の摂理に反しているのである。

アスパルテームをビーグル犬に体重1キログラム当たり3グラム以上経口投与すると、その半数が死亡する。ヒト推定致死量は、200~300グラム。

アスパルテームの逆反応、副作用としては、

•目 ◦片目 両眼の失明
◦視野狭窄や目のかすみなど、他の障害
◦閃光視、汚れのような線が見える、 トンネル視、夜間の視野狭窄
◦両眼の痛み
◦涙の減少
◦コンタクトレンズ着用での問題
◦眼球突出

•耳 ◦耳鳴り りんりんという音やブーというような音
◦騒音への耐性減衰
◦著しい聴力減退

•神経系 ◦てんかん発作
◦頭痛、 偏頭痛 、強い頭痛
◦めまい、動揺、不安
◦混乱、物忘れ
◦ひどい眠気
◦手足の感覚麻痺
◦言葉の不明瞭さ
◦多動症、貧乏揺すり
◦異常な顔面痛
◦ひどい震え

•精神的、心理的 ◦強度の鬱
◦いらいら
◦怒りっぽい
◦不安
◦性格の変化
◦不眠
◦恐怖症

•胸 ◦動悸 頻脈
◦息切れ
◦高血圧

•胃腸 ◦むかつき
◦下痢、血便
◦腹痛
◦ものを飲み込むときの痛み

•皮膚とアレルギー ◦発疹なしのかゆみ
◦口唇のかぶれ
◦じんましん
◦ぜんそくのような、ひどい呼吸器アレルギー

•内分泌と代謝 ◦血糖値のコントロール機能低下(糖尿病)
◦月経不順
◦著しい痩せ、あるいは抜け毛
◦著しい体重減少
◦体重漸増
◦ひどい低血糖(症)
◦ひどい月経前症候群

•その他 ◦頻尿や 排尿時のぴりぴりした痛み
◦ひどいのどの渇き、 水分貯留、 足のはれ、むくみ
◦感染症に感染しやすくなる

アスパルテームの毒性による症状として、さらに次のような死に関わるものも含まれている。
•回復不可能な脳へのダメージ
•新生児の欠陥、智恵遅れを含む
•消化器の潰瘍
•アスパルテーム依存、甘いものがしきりに食べたくなる
•子供の多動症
•ひどい鬱
•攻撃的な態度
•自殺傾向

アスパルテームは以下の病気を引き起こす、あるいは似たような症状の原因を誘発する。
•慢性疲労症候群
•Epstein-Barr (ヘルペスウイルス)
•ポリオ後症候群
•ライム病
•バセドウ病
•メニエール病
•アルツハイマー
•ALS
•てんかん
•多発性 硬化症 (MS)
•EMS
•甲状腺機能不全
•アマルガムの詰め物による、水銀過敏症
•線維筋痛症
•狼瘡(ろうそう):皮膚結核の一種
•非ホジキンリンパ腫
•注意欠陥障害

最近のニュース

菓子や清涼飲料に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果

虫歯予防やカロリー摂取量を抑えるのに役立つ一方で、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクが高まる可能性を指摘。

別の人工甘味料のスクラロースやアスパルテームにも同じ作用があることをマウスの実験で示した。チームの研究者は「大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と警告している。

人工甘味料で糖尿病リスク増加、ネイチャー誌に論文

健康的とされる人工甘味料が、実際には糖尿病のリスクを高めている可能性があるとする研究論文が17日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。人工甘味料が幅広い食品に使用され推奨されている現状の見直しを訴えている。

動画もどうぞ…良くわかります。

参考サイト