カテゴリー別アーカイブ: Yoga

放射線のための瞑想 ~ Meditation for Atomic Radiation ~

http://3ho.jp/column/emergency.html

これらの情報は、今回の被災地だけでなく、『自然界に存在する』放射線レベルが高い地域に住んでいる方や仕事をしている方などにとても役立つ情報です。

是非ともこれらを参考にし、自分の身は自分で守る様各自でしっかりと「放射能対策」を心がけましょう。

放射線のための瞑想 ~ Meditation for Atomic Radiation ~

【効果】

心が動揺しているとき、この瞑想はあなたを死から守ってくれます。
いつでもできる瞑想で、あなたを落ち着かせ、元気づけ、リラックスさせる効果があります。

 

【瞑想法】

  1. 背筋を伸ばして座ってください。上腕(二の腕)で体の側面を抱きしめます。
  2. ひじから下の前腕を首の高さまで上げてください。
  3. ひじから下の前腕を首の高さまで上げ、手のひらは体から離して外に向けます。
  4. 手は親指の先と人差し指の先をつけて、ギアンムドラという形にします。
  5. 深呼吸をし、下記のマントラを1呼吸で3回唱えます。

 

PRAANAA APANAA SHUSHMNA HAREE,
HAREE HAR HAREE HAR HAREE HAR HAREE
プラナ アパナ シュシュムナ ハリ
ハリ ハル ハリ ハル ハリ ハル ハリ

 

 

PRAANAAは電子(エレクトロン)に反応する生命のエネルギー、APANAAは排除する効果のあるエネルギー、陽子(プロトン)に反応します。

SHUSHMNAAは中性子(ニュートロン)に反応する中心的なエネルギーです。

このマントラの素晴らしさは口蓋(こうがい)と舌が接触することにあります。

この瞑想時間に制限はなく、1人でもグループでも行えます。

興味があれば62分続けて、心電計(バイオフィードバック)を計ってみるとよいでしょう。

大変強力な瞑想です。

 

地震後に自己の磁波を調整する瞑想
~ Meditation to Adjust your Magnetic Field After an Earthquake ~

【効果】

右脳と左脳にある磁波の相互関係を整えます。

 

【瞑想法】

  1. 背筋を伸ばして座ります。
  2. 左の手をカップ状にし左耳を囲うようにして包みます。(そのまま)ひじから上の左腕を地面と水平になるように持ち上げます。
  3. 右腕をまっすぐ体の横に上げ、右手は巻貝のように握ってひじを曲げます。(右図を参照)
  4. 視線は鼻の頭をみるようにします。
  5. 下記のマントラを唱えながら左の頭を左手で軽くたたきます。

SAA TAA NAA MAA サー ター ナー マー

この瞑想を11分から31分行います。

 

抗放射能効果があると言われるオススメの食物

  •   - 海藻
  •   - 味噌
  •   - ビーツ
  •   - にんじん
  •   - 玉ねぎ
  •   - ニンニク
  •   - スプラウトや豆類(放射能が付着している可能性が高い葉物野菜の代用として。)
  •   - 米
  •   - 粉ミルク(タンパク質を摂るためのヨーグルトを作る)
  •   - アルファルファシード
  •   - 放射能汚染前に収穫された根菜

 

免疫力や神経系を強くしておくことは非常に重要であり、その為にはヨガと瞑想や上記の内容を心がけて継続して行う事が大切になってきます。

他人を助ける為に一生懸命で忙しく、疲れ切ってしまっておられるかたもいるかもしれませんが、まず、あなた自身もご自分の体を大切にし、健康を維持し、十分に睡眠を取ることが大切だという事を忘れないで下さい。http://3ho.jp/column/emergency.html