タバコをやめた瞬間から起きる体の変化について

http://beach-press.go-naminori.com/beachtalk/6269

今日のお題は喫煙です。喫煙者はサーフィンしていてもパドルがきついとか言っていますが、私は高校生の時に、ためしに吸ってみたら衝撃的にまずかったので、あれ以来タバコは吸いませんが、そんなに苦しいっていうのに、でもサーフィンした後にみなさんタバコ吸っていますね。

百害あって一利なし!そんなこと、吸ってる本人が一番分かっているのでしょうが、それでもやめられない。私からしてみれば、タバコは自分の大事な体を傷つける最悪のアイテムに他ならないわけで、私は健康で楽しくサーフィンしたいので絶対に吸おうとは思いませんが、人間というのは、実際に自分が生きるか死ぬかの瀬戸際にならないと、健康がどれほど大切なものかなんて気づかないもの。

だから、皆様が生死をさまよう前に気付くようにとこうして様々な情報を発信しているわけですが、さて、タバコです。まず、タバコは一言で言えば、史上最悪の化学薬品のかたまり。以前、友達から聞きましたが、タバコ農園に撒く農薬はじられない猛毒らしいです。その猛毒がまかれた葉っぱを燃やして、せっせと肺に放り込んでいらっしゃるわけです。

タバコの煙には、6000種類以上の化学物質が含まれていて、そのうち最低でも69種は発がん性があると言われています。アメリカでは、タバコの添加物として599種類の物質が認められており、長らく秘密にされていたそうですが、現在では公開されているそうです。リストは英語ですが、見てみたい方はこちらでどうぞ。恐ろしい長さです。
タバコの添加物(アメリカ)

さて、これがタバコをやめたい人の助けになるかどうかわかりませんが、タバコをやめたら、体にどんな変化が起きるのか、をまとめたサイトがあったので日本語にしてみました。

【たばこをやめたら何が起きるのか】

20分後
タバコをやめると、その影響はすぐに体に現れる。20分で心拍数は正常な状態に戻りはじめる

2時間後
心拍数と血圧は正常な数値にもどる。が、ニコチン禁断症状もこの頃すでに現れ始める。初期症状は以下。
吸いたくて仕方がなくなる
緊張、イライラ感
眠気、もしくは不眠
食欲増進

12時間後
タバコをすうと、一酸化炭素が発生し、血液細胞が酸素と結びつくのを妨げ、循環器系にダメージを与える。やめて12時間後にはすでにこの一酸化炭素は通常の数値に戻り、血中酸素の濃度ももとに戻る。

48時間後
たばこを吸うと嗅覚や味覚が麻痺するが、やめて48時間で神経細胞が再生し、これらの感覚が戻ってくる。

3日後
この時点でニコチンは体内にもう残っていないが、それは同時に禁断症状がピークに達することでもある。頭痛、吐き気、けいれんなどを経験するかもしれない。ここが我慢のしどころ。

2-3週間後
運動など体を使う作業に息切れを感じなくなる。循環器系の機能が改善し、肺の状態も格段に良くなるので呼吸が楽になる。だいたい2週間で禁断症状は消えると言われている。

1-9か月後
約1か月後から肺の再生が始まる。痰などを排出するための繊毛が再生するので感染症などの危険が減る。咳や息切れは驚くほど改善される。どんなヘビースモーカーでも禁断症状は数か月でなくなると言われている。

1年後
心臓病のリスクはこの時点で、煙草を吸っていた時の半分に減少するが、それはつまり、煙草を吸うことは、心臓病にかかるリスクが2倍になるということでもある。

5年後
タバコを燃やすことで発生する様々な化学物質は血管を細くし、心臓発作の危険を上げる。たばこをやめて5年から15年でこのリスクは吸わない人と同じレベルに戻る。

10年後
喫煙は様々な癌の原因となるが、中でも一番致死率が高いのは肺がんである。が、確かに10年という期間を要するものの、やめて10年経てば、肺がんによる死亡率は喫煙者の半分になる。口腔ガン、咽頭ガン、膀胱がん、腎臓がんなどのリスクも大幅に減る。

15年後
例えば心臓病や、心臓発作などといった喫煙が引き起こすとされる様々な病気になるリスクは、もはや非喫煙者と同じレベルに戻る。

というわけで、どうです。やめて20分後には既に体は元に戻ろうとするのです。ちゃんとケアすれば人間の体は自ら最も良い状態に戻ろうとするものです。せっかく頂いたこの素晴らしい体をもっと大切にしませんか。まあ、非喫煙者から言わせると、とりあえず煙たい、余計な化学物質を吸わされたくない、それだけなんですが。

Beach Press編集部
参考サイト:http://worldtruth.tv/what-happens-when-you-quit-smoking/

宇宙で実際に起きている「 X 10 万」クラスのフレア

 

http://oka-jp.seesaa.net/article/407493611.html

x100000-top.jpg

▲ NASA のガンマ線バースト観測衛星スウィフトが「 X 100,000 クラス」の巨大フレアを観測した DG CVn のフレア発生時の想像図。 NASA より。

私たちの太陽で起きる太陽フレアは、エネルギーの低い順から B、C、M、X、というようにフレアの強度を区分していて、このうち、BからMまでは、それぞれの中で 10段階にわけられています。

flare-power.jpg
nict

上のように、C 3.5 とか M 1.3 などと、そのエネルギーの強さを現します。

しかし、「Xフレア」には上限がありません

なぜかというと、「どのくらい強い太陽フレアが発生するのかはわからない」からです。

これまでの太陽の観測史上で最も強力な太陽フレアは「 X 28 」という途方もない巨大なフレアでした。

cycle23-x-flare2.gif
太陽中性子観測による太陽フレア現象における粒子加速機構の研究

このことは、

太陽活動最大期の3年後に発生した観測史上最大の 2003年の X28 クラスの超巨大フレアのこと
2014年09月15日

という記事に記したことがありますが、その中で、上の表が載せられている、名古屋大学の太陽地球環境研究所 宇宙線研究室の渡邉恭子さんという方が書かれた資料を抜粋させていただいています。

その論文には、この X 28 という太陽フレアのエネルギーがどの程度のものかということについて、

広島の原爆 10 兆発にも相当する

と書かれています。

兆、つまり、1,000,000,000,000発です。

この X 28 は、地球方向に向いていなかったために、地球は「インフラの終末」を避けることができたのですが、もし、このような、あるいはこれ以上の太陽フレアが地球にダイレクトの方向で発生した場合、2008年の全米研究評議会という機関によれば、

現代社会における電力やGPSに依存する機能、水道などのライフラインが破壊され、全世界で2兆ドル規模の被害が発生するとの試算がある。

というような可能性もあるとのこと。

日本円で約 200兆円の被害が出るという試算です。

やや大げさな試算だとしても、このレベルだと短時間での復旧は不可能だと思われ、直撃した地域はかなり長い期間、電気や通信とは無縁の社会とならざるを得ないと思われますが、このように「どのくらい強力な太陽フレアが発生するか」というのはわからないことです。

なお、観測史上での太陽フレアの上位5は以下の通りです。

1位 X 28.0 2003年11月04日
2位 X 20.0 1989年08月16日
3位 X 20.0 2001年04月02日
4位 X 17.2 2003年10月28日
5位 X 17.0 2005年09月07日

このうち、1989年 8月 16日の太陽フレアでは、カナダのケベック州において、「ケベック大停電」という 600万世帯が停電に陥るという前代未聞の大停電が発生しました。

X 20 とかのフレアでも、そのようなことが起きるわけですけれど、しかし、宇宙は広いわけで、冒頭の記事にありますように、NASA の観測衛星が「 X 100,000 クラス」の巨大フレアを地球から 60光年離れた場所にある DG CVn という恒星で発生したことを観測したのですね。

そして、何より驚くことは、この DG CVn という星の大きさは「私たちの太陽の3分の1しかない」のです。

size-DG-CVn.gif

私たちの太陽よりもはるかに小さな星が、その太陽で観測された中で最大のフレアの1万倍ほどもある超強力なフレアを爆発させたことの発見に NASA の科学者などもかなり驚いていたようです。

さらには、その数時間後に、同じ程度の規模のフレアが観測されています。

このフレアついて書かれた 9月 3日の NASA の記事では、なぜ太陽の3分の1の星が太陽の1万倍ものフレアを発生させたのかということについて「自転速度が太陽より 30倍早いため」としています。

それにしましても、このような、つまり「 X 100,000 フレア」というような現象が実際に起きているということは、私たちの太陽も遠い昔には、同じようなフレアを作り出していた可能性もあります。

あるいは……これからだってあるかもしれません。

そして、推測さえできないですが、仮に私たちの太陽が X 100,000 のフレアなどを地球に向かって放出した場合、それは明らかに、

「地球のリセット」

になり得ると思われます。

人類を含めた非常に多くの生物のリセットです。

あるいは過去の大量絶滅の中には、このような太陽フレアが地球にダイレクトに、しかも、何度も放出したことによって起きた場合もあったのかもしれません。

Binaural Beat – Capable of Inducing Deep Meditation

http://mrinalkantipal.blogspot.jp/2012/03/binaural-beat-capable-of-inducing-deep_08.html

 

Binaural Beat – Capable of Inducing Deep Meditation

Binaural Beats are specific frequencies that can bring you into a profoundly deep state of meditation within minutes using the latest innovations in sound technology. They utilize a specific audio mixing technique designed to alter the listener’s brain wave activity.

These binaural beats are auditory brainstem responses, originating in the superior olivary nucleus (see figure above) of each hemisphere of the brain due to the interaction of the two different impulses.

The frequency of the two tones is between one and 30 Hz. Lets take the example that the difference between the two tones is 10 Hz. This 10 Hz difference is experienced within the superior olivary nuclei as a beat . The brain has a tendency, through the frequency following response, to resonate at the same frequency as the auditory stimuli being presented. In our example this would be 10 Hz, which is that frequency of the Alpha state. If we offer a binaural frequency of 5 Hz, the brain will begin to resonate with that and produce Theta brainwaves. If we present a binaural beat of 3 Hz, Delta brainwaves are detected. Alpha, Theta and Delta brainwaves are connected to altered states of consciousness that can be used to reprogram the subconscious mind, eliminate negative thought schemas and release emotional connection to memories.In layman’s terms all this means is that you can relax, put on some stereo headphones and let your mind synchronize with the binaural beat frequency to create real measurable changes in your mind and body. There are immediate benefits of using these beats such as the creation of relaxed states, aided sleep or even energy boosts. However, this is not the limit of binaural beat technology. It is also possible to produce very unusual states of consciousness like lucid dreaming, creativity, out-of-body experiences, and transcendental meditation, to name but a few. However, there are also very real permanent benefits from using binaural beat technology. This technology has been used to create some very dramatic life changes.
By sitting or lying down in a quiet environment and wearing headphones these beats can be used to create Alpha, Theta and Delta brainwave patterns. When brainwave patterns change it has been documented that there is also a change in chemical reactions within the body which can have a profound effect on your entire physical structure. In effect these beats have the same impact and benefits of a deep meditative state akin to hypnologic trance or transcendental meditation. Now very few people can enter such deep states of hypnosis and transcendental meditation takes a lifetime to perfect. So the immediate benefits of using a binaural beats recording is apparent. An added benefit of using such technology is that the states it creates allow you to access the subconscious parts of the mind. Those parts that are subliminal and just below the conscious threshold.

Binaural beats can be used with many other self improvement tools (such as subliminal recordings, affirmations or visualization etc.) to increase your personal development dramatically as it creates deep states of relaxation and can put you into Alpha and Theta states. Therefore they can be used as an aid to alter beliefs, heal emotional issues or create behaviour changes. One of the great benefits they can give is a quick energy boost equivalent to a few hours sleep.

It is believed that by using binaural beats you can:

1. Create deep states of meditation.

2. Boost your intelligence and creativity.

3. Slow aging.

4. Remove emotional blocks, old traumas and create profound emotional changes at an extremely deep level.

5. Eliminate Stress & anxiety.

The beauty of binaural beats is that they can be used to induce these states and create these changes with no effort on the part of the listener. You just wear a set of headphones and let the sound technology do the rest. The discovery of binaural technology is mostly accredited to Dr. Gerald Oster. Oster first published research about binaural beats in 1973 in Scientific American after he had conducted extensive studies. However, this is not as well known, binaural beats where in fact first discovered as far back as 1839 by an Associate Professor, at the University of Berlin, called Heinrich Wilhelm Dove. Dove accidentally discovered that when two similar sounds, which are only slightly shifted in frequency, are given separately to left and right ear they cause a pulsation or beat type effect within the brain. However, it was Dr. Oster who uncovered the full benefits of using this new technology when he discovered the effects that binaural beats have on the mind and body.

Fixed Pitch Binaural Beats 

gamma 40 Hz

high beta 25 Hz

mid beta 20 Hz

low beta 15 Hz

high alpha 12 Hz

mid alpha 10 Hz

low alpha 8 Hz

high theta 6 Hz

mid theta 5 Hz

low theta 4 Hz

delta 2.5 Hz

The alpha brainwave patterns are only apparent during a relaxed state. Alpha brainwaves are the most apparent brainwave state encountered during hypnosis and when we experience this state, which do constantly throughout the day, we are extremely susceptible to suggestion. This is the state that you enter during hypnosis. Theta brainwaves allow for the absorption of huge amounts of information while Delta brainwaves are most apparent when you enter a state of deep but dreamless sleep. It is the Delta state that is the main aim of such practices as transcendental meditation. Although for many entering the delta state while fully conscious can be very relaxing, for most it is not, for it is during such brain activity that internal change occurs. Through deep meditative states you can activate profound positive changes in your body, mind and emotional state which remain permanent.

Delta Wave for meditation

Download link

http://www.divshare.com/download/16982066-a1e

Theta wave 5 hz meditation audio

Download link
http://www.divshare.com/download/16982383-4d6

Brain wave for healing list

Specific Brain Frequencies

The information below shows the effects of specific frequencies within each brain wave frequency range:

Delta Brain Waves ( O.5 to 4Hz)

0.5 Hz – Relaxation, helps soothe headaches

0.5 – 1.5 Hz – Pain relief. Endorphin release 

0.9 Hz – Euphoric feeling

1 Hz – Well being. Harmony and balance

2.5 Hz – Production of endogenous opiates (pain killers, reduce anxiety)

2.5 Hz – Relieves migraine pain. Produces endogenous opiates 

3.4 Hz – Helps achieve restful sleep

3.5 Hz – Feeling of unity with everything. Whole being regeneration

3.9 Hz – Self renewal, enhanced inner awareness

4.0 Hz – Enkephalin release for reduced stress 

4.0 Hz – Allows brain to produce enkaphalins, all natural pain killer

4.0 Hz – Full memory scanning. Releases enkephalins

4.0 Hz – Vital for memory and learning. Problem solving, object naming 

1 – 3 Hz – Profound relaxation, restorative sleep. Tranquillity and peace

Theta Brain Waves ( 4 to 8 Hz)

4.5 Hz – Brings about Shamanic/Tibetan state of consciousness, Tibetan chants.

4.9 Hz – Induce relaxation and deeper sleep

4.9 Hz – Introspection. Relaxation, meditation

5 Hz – Reduces sleep required. Theta replaces need for extensive dreaming

5.35 Hz – Allows relaxing breathing, free and efficient

5.5 Hz – Inner guidance, intuition

6.5 Hz – Centre of Theta frequency. Activates creative frontal lobe

7.5 Hz – Activates creative thought for art, invention, music. Problem solving

7.5 Hz – Ease of overcoming troublesome issues

7.83 Hz – Schumann earth resonance. Grounding, meditative, Leaves you revitalized

3 – 8 Hz – Deep relaxation, meditation. Lucid dreaming

3 – 8 Hz – Increased memory, focus, creativity

4 – 7 Hz – Profound inner peace, emotional healing. Lowers mental fatigue

4 – 7 Hz – Deep meditation, near-sleep brainwaves. 

Alpha brain waves ( 8 to 12Hz)

8- 10 Hz Super-learning new information, memorisation, not comprehension.

8.22 Hz – Associated with the mouth. Brings creativity

10 Hz – Enhanced serotonin release. Mood elevation, arousal, stimulant

10 Hz – Provides relief from lost sleep, improves general mood

10 Hz – Mood elevator. Used to dramatically reduce headaches

10 Hz – Clarity, subconscious correlation. Releases serotonin

11 Hz – Relaxed yet awake state

12 Hz – Centering, mental stability.

11 – 14 Hz – Increased focus and awareness

12 – 14 Hz – Learning frequency, good for absorbing information passively

Beta brain waves ( 13 to 30Hz)

14 Hz – Awakeness, alert. Concentration on tasks, Focusing, vitality.

16 Hz – Bottom of hearing range. Releases oxygen/calcium into cells

12 – 15 Hz – Relaxed focus, improved attentive abilities

13 – 27 Hz – Promotes focused attention toward external stimuli

13 – 30 Hz – Problem solving, conscious thinking 

18-24 Hz — Euphoria, can result in headaches, anxiety.

The release of endorphins by the delta brainwave can also be achieved by meditation, runners high, breathing exercises, etc

 

 

マーガリンはプラスチックだった!?

http://matome.naver.jp/odai/2133169925442737701

 

マーガリンは、窓際に何年も置いて光や空気、
自然にある細菌その他にさらしても少しも変化しない。

カビも生えないし昆虫が卵を産みつけることもなければ
ネズミが食べることも、ゴキブリが寄ってくることもない。

こんなもの食べてるんですよ。食品とは言いがたいですね。
まるでプラスチックか金属です。

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/e-sakedot/cabinet/09giftnatu/09n-080-815454.jpg

マーガリンは腐らないプラスチック?:トランス脂肪酸

マーガリンややショートニングは、植物性油脂を化学処理し、
常温で固体を保てるようにした食品です。

この食品の化学処理が「水素添加」と呼ばれる方法で、
不飽和脂肪酸の水素が足りない場所に強引に水素を結びつける方法です。

こうして出来たものが「トランス脂肪酸」です。
「トランス脂肪酸」は、安定した構造を持っているので、
常温でも固体になり、酸化しにくく、保存性が高いのです。

加工食品には使いやすいというわけなのですが、
この構造がプラスチックそっくりな食品というわけです。

「マーガリン=健康的な植物油」はウソだった

マーガリン・ショートニングが科学的に安定して腐らない植物油脂であることの理由は、
水素添加という化学処理によって不飽和脂肪酸が「トランス型脂肪酸」に変化したことによる。

不安定だった原子構造が、水素原子の移動(トランス)の結果きれいに整列して
安定した構造となり、常温でも固体を保ち、酸化しにくくなることで保存性を持つこととなる。

アリを使っての実験

出典ameblo.jp

右上がマーガリン、左下が低脂肪マーガリン、
右下がバターです。

アリも食べないものを私達は食べさせられて
いるようです。

マーガリンは既に、ヨーロッパでは販売中止、
製造禁止している国もあります。

海外では、特にオランダはトランス型脂肪酸を
含む油脂製品が販売禁止。
デンマークもまた毒物扱いとされ禁止

トランス形脂肪酸は、細胞を傷つけ、ガンの原因になる。

日本における食品中のトランス脂肪酸含有率

日本の各社マーガリントランス脂肪酸含有率は?

家庭用マーガリンのワーストランキング第一位は、
『雪印 Sマーガリン』。
料理用のマーガリンで、含有量は16.0%に上る。

ワースト2位は、『雪印 ネオマーガリン』の14.0%、

ワースト3位は、生協の『コープ コーンソフト100
バターの風味』13.5%だった。

主要メーカーに取材すると、ワースト製品は「雪印Sマーガリン」
パン2枚に塗るだけで摂取し過ぎ。

生協製品も軒並み高かったが、ワースト企業は、
学校給食用にも卸しているマリンフードで、情報公開すら拒んだ。

http://blog-imgs-19.fc2.com/m/a/l/maltmaltmalt/20080924082523.jpg

日本国内に流通している食品のトランス脂肪酸含有量

トランス型脂肪酸の摂取限度は1日2gと言われています。
しかしファーストフードのメニューの中には6g(フレンチフライ)、
4.5g(アップルパイ)、4g(チキン・ナゲット)、1g(ピザ2切れ)含まれていた。

http://dic.nicovideo.jp/oekaki/71300.png

フライドポテトのトランス脂肪酸含有率は
20.5%と極めて高い。

M社のフライドポテト(Mサイズ)はその量が135gで、
その内脂質は22.1gなので、その20.5%、
4.5gがトランス脂肪酸である。

それにハンバーガー、コーヒーフレッシュに含まれる分を足すと、
「トランス脂肪酸」は、さらに増える。

2ヵ月間常温放置しても腐ることのないフライドポテト

最新の研究によるとマーガリンに含まれるトランス脂肪酸が
人を怒りっぽく攻撃的にすることがわかったそうだ。

カリフォルニア大学の発表により明らかにされたのは
トランス脂肪酸の摂取量が多い人ほど攻撃的で
怒りっぽい性格であることが判明した。

トランス脂肪酸を多く摂ると、認知症の発症率が高まる

認知症は、脳への血流の低下で起こると思います。
トランス脂肪酸を摂ると動脈硬化がすすみ、その結果、脳への血流が減って
脳細胞に血液が行かなくなり、認知症になるようです。

マーガリンは善玉コレステロール値を下げて
悪玉コレステロール値を上げる。

悪玉コレステロールが増えれば、動脈硬化のリスクが増える。

大量のトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンが、遂にアメリカで使用禁止となります。

米食品医薬品局(FDA)は、「摂取し過ぎると心筋梗塞などの発症リスクが高まる」として、
トランス脂肪酸を含んでいるマーガリンの使用を原則禁止とする規制案を提示しました。

結論:アメリカ的食事を日本の食卓から追い出すことが
日本人の健康に繋がるようです。

またマーガリンは120度を超えて加熱すると有害な
アクリルアミドがますます増加するので加熱調理は
避けたほうが賢明です。

人工甘味料アスパルテームの危険性とは?

http://matome.naver.jp/odai/2136780173669119701

 

自然の摂理に反しているアスパルテーム

人工甘味料は、本当に大丈夫なのでしょうか?

カロリーはゼロですが、化学物質たっぷりのダイエット食品は危険です

人工甘味料、特にアスパルテームは病気の元です!

ボストンの婦人科病院の科学者による11年間の研究結果では、人工甘味料のアスパルテームを使用したダイエット・ソーダ(ダイエット飲料)は、腎臓機能障害に深く関わっていることが分かりました。

アスパルテームは胎児の脳の発達などに影響を及ぼし、スクラロースは下痢による流産の可能性があり、ステビアは元々、南米では赴任と避妊用に使われてきた薬草から作ったもの

様々な科学者は、失明や死亡、それ以外にも腫瘍、脳障害、頭痛、気分の著しい変化、 皮膚のポリープ、不眠症、鬱、知能低下を挙げ、短期記憶への影響もあるとの見解を示していた

アスパルテームの毒性については、各機関から多くの論文が出ており、その障害は「神経毒」という部分に多くの焦点が当っている。

研究者達が指摘するアスパルテームの有害性は以下のようです。

Photo by Stockbyte / Stockbyte

* ポリープ発生。
* 目に奇形(統計的にも有意差)。
* 体重減少(多くの実験で確認)。
* 骨格異常。
* 内蔵異常(肝臓、心臓、胃、副腎などの肥大)
* 脳内伝達物質に変化。
* 脳障害児(妊婦がとると生まれる恐れ)。
* 分解毒物性の不安。

米国ハーバード大学の問題提起

ハーバード大学関連病院の研究チームが、“ダイエットソーダが”血液がん(リンパ腫や白血病)リスクを増大させる可能性がある“ことを公表しました。

人工甘味料は「うつ」を引き起こす

Photo by Stockbyte / Stockbyte

アスパルテームは脳の科学的性質を変えて発作を起こしやすくし、気分障害などの神経系の問題を起こす。しかも依存性があるので、アスパルテームを含むドリンクの消費を抑えるのは難しいことが多い。

カロリーゼロなのになぜ?人工甘味料を定期的に摂ると6倍太る

「すい臓は砂糖だけでなく人工甘味料にも同じく反応し、大量のインスリンを出すことがわかりました。それによって、余分な脂肪が蓄積され、太るしくみが発見されたのです」

ダイエット飲料を1日に2本以上飲むと腎臓機能低下のリスクが倍増することが分りました。

精神科医による研究結果では、アスパルテームを与え続けたネズミの脳に穴ができたことが分りました。

アスパルテームは遺伝子組み換え食品です。そして複数の調査結果により、アスパルテームによる腫瘍、発作などの発生、脳に穴が開いたり生殖機能障害が起きることが分りました。

アスパルテームで最も問題なのは、フェニルケント尿症(フェニルアラニンの代謝がうまくいかない体質)の新生児が摂取すると、脳に障害が起きる可能性があすことだ。

甘い=美味しいと感じる理由は、糖分が生体にとって重要なエネルギー源であるからであり、「甘いのにエネルギーにならない」と言う人工甘味料は、非常に不自然な物質であり、自然の摂理に反しているのである。

アスパルテームをビーグル犬に体重1キログラム当たり3グラム以上経口投与すると、その半数が死亡する。ヒト推定致死量は、200~300グラム。

アスパルテームの逆反応、副作用としては、

•目 ◦片目 両眼の失明
◦視野狭窄や目のかすみなど、他の障害
◦閃光視、汚れのような線が見える、 トンネル視、夜間の視野狭窄
◦両眼の痛み
◦涙の減少
◦コンタクトレンズ着用での問題
◦眼球突出

•耳 ◦耳鳴り りんりんという音やブーというような音
◦騒音への耐性減衰
◦著しい聴力減退

•神経系 ◦てんかん発作
◦頭痛、 偏頭痛 、強い頭痛
◦めまい、動揺、不安
◦混乱、物忘れ
◦ひどい眠気
◦手足の感覚麻痺
◦言葉の不明瞭さ
◦多動症、貧乏揺すり
◦異常な顔面痛
◦ひどい震え

•精神的、心理的 ◦強度の鬱
◦いらいら
◦怒りっぽい
◦不安
◦性格の変化
◦不眠
◦恐怖症

•胸 ◦動悸 頻脈
◦息切れ
◦高血圧

•胃腸 ◦むかつき
◦下痢、血便
◦腹痛
◦ものを飲み込むときの痛み

•皮膚とアレルギー ◦発疹なしのかゆみ
◦口唇のかぶれ
◦じんましん
◦ぜんそくのような、ひどい呼吸器アレルギー

•内分泌と代謝 ◦血糖値のコントロール機能低下(糖尿病)
◦月経不順
◦著しい痩せ、あるいは抜け毛
◦著しい体重減少
◦体重漸増
◦ひどい低血糖(症)
◦ひどい月経前症候群

•その他 ◦頻尿や 排尿時のぴりぴりした痛み
◦ひどいのどの渇き、 水分貯留、 足のはれ、むくみ
◦感染症に感染しやすくなる

アスパルテームの毒性による症状として、さらに次のような死に関わるものも含まれている。
•回復不可能な脳へのダメージ
•新生児の欠陥、智恵遅れを含む
•消化器の潰瘍
•アスパルテーム依存、甘いものがしきりに食べたくなる
•子供の多動症
•ひどい鬱
•攻撃的な態度
•自殺傾向

アスパルテームは以下の病気を引き起こす、あるいは似たような症状の原因を誘発する。
•慢性疲労症候群
•Epstein-Barr (ヘルペスウイルス)
•ポリオ後症候群
•ライム病
•バセドウ病
•メニエール病
•アルツハイマー
•ALS
•てんかん
•多発性 硬化症 (MS)
•EMS
•甲状腺機能不全
•アマルガムの詰め物による、水銀過敏症
•線維筋痛症
•狼瘡(ろうそう):皮膚結核の一種
•非ホジキンリンパ腫
•注意欠陥障害

最近のニュース

菓子や清涼飲料に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果

虫歯予防やカロリー摂取量を抑えるのに役立つ一方で、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクが高まる可能性を指摘。

別の人工甘味料のスクラロースやアスパルテームにも同じ作用があることをマウスの実験で示した。チームの研究者は「大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と警告している。

人工甘味料で糖尿病リスク増加、ネイチャー誌に論文

健康的とされる人工甘味料が、実際には糖尿病のリスクを高めている可能性があるとする研究論文が17日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。人工甘味料が幅広い食品に使用され推奨されている現状の見直しを訴えている。

動画もどうぞ…良くわかります。

参考サイト

知ってる人は絶対口に入れない7つの食品【残留農薬・環境ホルモン・遺伝子組み換え】

http://matome.naver.jp/odai/2136824033167161701

http://matome.naver.jp/odai/2136824033167161701?page=2

 

251お気に入り 368988view

お気に入り追加

このリストはアメリカの食生活を考慮したものなので あえて日本人に強調する必要ないものもあるし リスト以外にもいっぱい避けて欲しい食品があるわけ(人工甘味料やハイ・フルクトース・コーンシロップ そしてトランス脂肪酸を含む食品など)この7食品を避けたからといって 理想的な食生活になるわけじゃないんだよね。

▼Canned Tomatoes(缶詰のトマト)

・缶詰や紙パックなどの内側には 金属の腐食や防水目的でプラスチック樹脂加工がしてあること
・樹脂の種類によっては 時間とともにビスフェノールA(BPA)と呼ばれる強いホルモン撹乱物質(環境ホルモン)が徐々にしみ出してくること
・そしてこのホルモン撹乱物質が 性(生殖)ホルモンや成長ホルモンなどの正常な働きを妨げたり 神経系へ与える健康被害が問題視されていること

対策は
「缶詰のかわりに 瓶やテトラパック(Tetra Pak® 紙パック)のトマトを使うこと」
らしいんだけどね・・・・・
本来なら「(無農薬の)生のトマトを使いましょう」なんじゃないのかなぁ

解決策:ビン入りトマトを。(私なら旬のトマトでたくさんトマトピューレを作っておき、冷凍保存、かな)

▼Corn-Fed Beef(とうもろこし中心の飼料で育った牛)

「キング・コーン」っていうアメリカのドキュメンタリー映画 見たことある?

この映画によると・・・
・いまのアメリカ農家では 昔みたいに甘いスウィートコーンやお野菜を作ることをせずに 窒素系化学肥料や農薬・遺伝子組み換えなどの農業技術によって大量生産が可能になった「そのままでは食用にならない」「まずい」とうもろこしを どしどし育てている
・「まずい」とうもろこしは そのまんまでは全く利用価値のない代物だが バイオ燃料やハイ・フルクトース・コーン・シロップ(高果糖液糖/コーンシロップ) そして牛などの家畜飼料の材料として有効活用される
・この「食べられない」工業材料としてのとうもろこし生産に 政府から助成金まで出ている!
・バイオ燃料は未来の燃料だとか言うし コーンシロップはほとんどの加工食品/飲料に利用されているし スーパーで買えるビーフの大部分はこのトウモロコシ入り飼料で育てられている
・つまり「まずい」とうもろこしは 実はアメリカ産業を牛耳っている「王様/キング」なのだ!

結果 コーン飼料で育った牛は 広い大地で草を食べて育った放牧牛のお肉と比べて
1)身体に悪い飽和脂肪酸たっぷり
2)ビタミンやミネラルなどの栄養価が低く なり
さらに記事中には触れられていないけれど
3)抗生物質や成長ホルモンなど残留化学物質の可能性があり ヒトへの安全性が不透明
といった問題もでてくる

解決策: 牧草飼育の牛肉を売っている店を見つけましょう。
(米ではそんなラベルをつけて販売されているそうですが、日本では聞いたことがありません。なお、この記事の「コーンビーフ」とは例の缶詰の塩漬けビーフのことではないので、ご注意)

▼Microwave Popcorn(レンジでチンして作るポップコーン)

電子レンジで作るポップコーン一般のことではなく アメリカでよく見かける「紙袋入り電子レンジ用ポップコーン」のこと
コーン入りの袋をレンジでチンすると 袋がぷ〜っと膨らんでコーンがぽこぽこはじけるヤツね

紙袋の内側加工に使われる合成化合物 perfluorooctanoic acid (PFOA)が 電子レンジ使用によって溶け出してくる

解決策: ホームメイドで!
(バターと塩だけの手製ポップコーンの方が、簡単、おいしい!)

▼Nonorganic Potatoes(有機栽培でない じゃがいも)

じゃがいもが アメリカ非営利環境団体EWG(Environmental Working Group)が発表した「農薬残留量が高い食品トップ12」に入っている(11位)

じゃがいもを効率よく低コストで大量生産するにはね ムシやカビや病気の発生を防ぐための農薬だけでなく 収穫直前に茎や葉の地上部分を枯らせる除草剤(枯凋剤)を大量に散布したり 出荷後に芽が出るのを防ぐために発芽防止剤を使用したり放射線照射をしなくちゃいけない

そしていろいろな化学薬品で汚染された土壌で育つじゃがいもは 「土の中で育つ」性格上 どうしてもたくさんの土壌汚染化学物質を吸収してしまう
洗ったり皮をむいたりしただけじゃ 吸収された化学薬品は取り除けない・・・

ポテト農家らは「販売用のポテトは自分たちでは食べない」とあけすけに語っている。彼らは別の区画で、全く化学物質を使用せず、自家消費用のポテトを栽培しているのだ。

解決策: これも簡単、有機栽培のポテトを買えばいいんです!
(じゃがいもだけではありません。グループで農家と契約するなど、自衛策を考えないと。)

▼Farmed Salmon(養殖のサケ)

運動不足で太った脂肪たっぷりの養殖魚は オメガ3脂肪酸の量だけを比べてみると天然モノよりも豊富でいいのかもしれないが 栄養的にも味的にも劣り さらに有害物質汚染の程度が大きく(養殖サーモンの場合 天然モノの約10倍だったとか) 混雑した養殖場では病気予防のために抗生物質などの薬を混ぜたりもしている

つまり相対的にみて「全く健康的な食べ物ではない」

「五ヶ月に一度くらいなら、養殖サーモンを食べてもガンのリスクは低いだろう・・・それほど危険なのだ」。

解決策:養殖サーモンを避け、天然ものを。Wildという言葉にだまされないように。(すでに遺伝子組み換えサーモンてのも登場しているから、魚は大変な受難時代です。)

ミルクの出をよくするために 人工や天然の成長ホルモンを与えて牛乳を大量生産する工業的酪農農家が存在するのはアメリカ 成長ホルモンと 乳がん・睾丸がん・大腸がん等の因果関係や 第2次性徴へ与える影響(胸の巨大化など)は賛否両論 まだまだ結論へは至っていません

ヨーロッパや日本など アメリカ以外の主要国では 農業における成長ホルモン剤の添加は禁止 理由は もちろん「ホルモン剤の健康被害への懸念」

解決策:牛乳はラベルを確かめて買いましょう。
(スターバックスはrBGHを使用したミルクの使用をやめていますが、日本では・・・今のところ何の規制もない様子。GMO反対の動きはあるのですが、飼料までは手が回らないのか?)

▼Conventional Apples(大量生産農園のオーガニックでないリンゴ)

「農薬残留量が高い食品トップ12(by 非営利環境団体EWG)
農薬残留量が高かったモノから セロリ もも いちご りんご ブルーベリー ネクタリン・・・ と続くので 大量生産農園リンゴが農薬だらけなのは事実

秋の果物の中で、最も多くの農薬を浴びるのがリンゴだ。化学物質の生産企業は、農薬が残ったリンゴを人が食べても大丈夫だと言うが、リンゴ農園の労働者には、多くのがんを患う人の割合が高い。

1)品種改良が進み接ぎ木で増やされる「りんごの木」は ムシや病気に弱い
2)秋摘みフルーツは 農薬散布量が多い
3)農場労働者は(リンゴ農園に関わらず)がん発生率が高い
4)農薬とパーキンソン氏病の関連を疑う研究結果が増えてきている

解決法:有機栽培のリンゴを買うか、少なくとも、よく洗い、皮は剥きましょう。 (・・・社会全体が問題の深刻さに気がつかないと、どうしようもないところまで来ていますね)

偽装されたオリーブオイルが蔓延してるらしい

http://matome.naver.jp/odai/2141335275391839901

偽物の「オリーブオイル」が出回ってる!?

ウソだと言ってくれえぇぇぇえええ!!!!!

健康・美容にいい油として注目され、欧米だけでなく日本の食卓にも浸透しているオリーブオイル

中でも、エキストラバージンオリーブオイルとはオリーブの果実を搾ってろ過しただけの、一切化学的処理を行わないバージンオイル

酸度(遊離脂肪酸の割合)が100g当たり0.8gを越えないものを指す

日本で『エキストラバージンオリーブオイル』といわれているもののうち、本物といえるものはとても少ない

中には化学検査でもわからないように精密に偽装されているものまである

なぜこんなにも偽物が横行しているのか

「エキストラバージン」とは、そのオイルがオリーブオイルの最高グレードであることを表す言葉で、基準は、主要な生産国が加盟する国際オリーブ協会によって決められている

しかし、一般の消費者にとって「エキストラバージン」とか「ピュアオリーブオイル」などの名称自体が紛らわしい

そのうえ、実際に手にした「エキストラバージン」オイルにその表示された価値があるかどうかも極めてあやしくなってきている

特に、安く売られているものは注意が必要。しかし、高いからといって安心もしていられない

日本以外でも、欧米でオリーブオイルの偽装表示が蔓延しており、メード・イン・イタリーの表示を信じてはいけない

そもそも、普通のオリーブオイルとの違いって?

オリーブオイルは「オリーブのジュース」とよく言われ、大量生産される植物油のなかで、オリーブオイルだけが唯一、果実から搾油されるオイル

それに対し「エキストラバージン」は、オリーブの実をすり潰して搾っただけのオイルで、化学的な処理をしていない、バージンオイルの中でも、一番品質のいいもの

オリーブオイル特有の香りが強いので、サラダやドレッシング、料理の仕上げなど香りを生かした料理に向いている

イタリアでオリーブオイルと言われるものを、日本ではピュアオリーブオイルと呼ぶ傾向にあるが、これは食べ易い風味に調整したもの

では、どうやって見分ければいいの

Photo by Duncan Smith / Photodisc

ひとつの目安となるのが、オリーブオイルの入っている「ボトル」

「プラスチックのボトル」や「硝子瓶だけど遮光効果のないもの」は避けるべき

オリーブオイルは、光や熱、酸素に弱いので、黒っぽいガラスのビン、もしくはカンのような金属の容器に入っている

中身に気を使っているかどうかが、高品質の判断材料になる

また、エキストラバージンオリーブオイルは、そのまま飲むことができる

無理やり飲むということではなく、品質の良いエキストラバージンオリーブオイルなら、「美味しく」飲むことができるはず

上質のオリーブオイルは、水や炭酸水ですすげるくらいにサッパリしたものです。べとつき感がない

油臭かったり、グリースの臭いがするのは危険

カフェインの真実と注意すべき副作用

http://matome.naver.jp/odai/2134985927445756801

 

カフェインの作用とは

主な作用は覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用

医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるが、副作用として不眠、めまいがあらわれることもある。カフェインを習慣的に摂取する人が半日から1日カフェインを摂取しなかった時に現れる症状として最も顕著であるものは頭痛であり、その他、不安、疲労感、集中力の欠如、抑うつが現れることがある。

カフェインはアデノシン受容体に拮抗することによって、覚醒作用を示す

心筋収縮力の増大、気管支平滑筋の弛緩、脳細動脈の収縮のような交感神経興奮様作用を示す。これらの作用の結果、腎血管拡張により糸球体濾過量(GFR)が増大し、さらに尿細管での水分の再吸収の抑制により利尿作用を現わす。

カフェインの半数致死量(LD50) は約 200 mg/kg

一般的な成人の場合、10–12 g 以上が危険といわれる(詳しくはカフェイン中毒を参照)。医療分野において薬事法では1回(1錠・1包等)あたりに500mg以上のカフェインを含むものを劇薬に指定している。カフェインは体内で代謝され、主に尿酸となって尿と共に排泄される。

カフェインの副作用

主にどんな副作用があるでしょうか

- 上記したように長期的には胃腸や内臓を弱らせてしまう
- 自律神経を狂わせ、それにより肩こり・腰痛・頭痛などの症状を悪化させる
- 不眠症や睡眠障害になりやすくなる
- 血液の洗浄が遅れ代謝を落とし筋肉を固まらせる作用がある
- 体力・免疫力・疲労回復の低下
- 感覚遮断効果があり神経を鈍感にし、疲れを感じにくくする(疲れているのに気がつかない)

カフェインの悪いとおもわれる事

胃が荒れる

コーヒーに含まれるカフェインには、胃液の分泌を促進する作用がある。空腹時に胃液が分泌されると、[攻撃因子]が[防御因子]を上回り、胃粘膜が障害され、炎症を起こしやすいのだ。

肌荒れ

カフェインは、体内のビタミンやミネラルを体外に排出してしまう作用があります。ビタミン類が不足すると肌荒れを起こしたり、肌が脂っぽくなる原因になることがあるため、カフェインの過剰摂取は控えましょう。緑茶やコーヒー、紅茶に多く含まれています。

女性ホルモンの分泌を高める作用

そのため、カフェインを飲んでいると肌質が変化する可能性があります。カフェインが含まれるコーヒーや紅茶などを飲むと、女性ホルモンの作用によって髪の毛がやわらかくなることもあるようです。

カフェインの摂り過ぎは骨を弱くする

出典『よくわかる栄養学の基本としくみ』 中屋豊 秀和システム  ISBN 978-4-7980-2287-1 2009年6月

血圧が上昇する

カフェインの常用で血圧が4〜13mmHgほど上昇する可能性も報告されている

貧血

一説にはカフェインは鉄分の吸収を阻害するため、コーヒーや紅茶を多く飲む人は貧血になりやすいと言われています。特に女性は鉄分不足になりやすいので、食事の前後にコーヒーなどのカフェインを多く含む飲料の摂取は控えるべきとされています。

過剰な摂取は健康に害をおよぼすことが知られている

カフェインは法的に禁止・制限された薬物ではないが、脳神経系に作用するものである。そのため、限度を超えた摂取や投薬中・妊娠中のカフェインの摂取に関しては医者の指示を仰いだ方がよい。

最後に

悪い部分をこうして書いてきましたが、勿論いい部分もあります。
カフェインは絶対悪!一切飲んじゃダメ!とは思ってもいません。

大事なのはこういう副作用や悪い効果があるという報告を自身で考えて
取得する選択の幅を広げて頂ければなと思ってます。

しかし、もし現状の生活の中でカフェインを完全に取り除いた生活を送るというのは
実は相当難しいことなのかもしれないのです・・・。